21D-09

09.17(Tue) 16:05-16:45

×

本当のエッジAIとは
~ ブラックホールの撮影を可能にしたデータ解析技術 『スパースモデリング』の可能性 ~

提供株式会社ハカルス

通常AIというとディープラーニングという手法が一般的ですが、我々ハカルスは、「スパースモデリング」という手法を用いたエッジAIについてご紹介いたします。この技術は、先般発表されたブラックホールの可視化を行う際に使われた手法です。少量のデータからまた人間が解釈しやすいAIの構築が可能です。エッジ側での処理が多くできるほど、要求される通信インフラのスペックは下げられます。本セッションでは、スパースモデリングを用いたAIを軸に、我々の考える真のエッジAIをご紹介いたします。

(株)ハカルス

シニアマネージャー

鶴巻 肇

一覧へ戻る