3C-08

09.19(Thu) 14:50-15:30

×

アクティブ・モニタリングがもたらす「一歩進んだ」通信品質の評価とは

提供キーサイト・テクノロジー株式会社

近年、ネットワーク用途の広がりと共に、「ユーザー体感品質」という観点からのネットワーク品質評価が求められるようになりました。ネットワークの品質管理では、その評価指標が、リアルタイムに、また時間と共にどのように変化するのかといった傾向を把握することも重要です。
そのためには、各拠点のトラフィックを「点」で監視する従来のパッシブ・モニタリングに加えて、各拠点に配置したプローブから測定トラフィックを生成して拠点間を「線」で評価するアクティブ・モニタリングの実施が有効です。その最大の特長は、エンドユーザーが体験する前に潜在的なボトルネックの兆候を事前検証できる点です。
本セミナーでは、通信品質の評価手法としてのアクティブ・モニタリングについて説明いたします。

キーサイト・テクノロジー(株)

イクシアソリューショングループ マーケティングマネージャー

小圷 義之

一覧へ戻る