72D-06

10.10(Thu) 13:20-14:00

×

残席僅か

パブリック・クラウド大活用に向けた3つのセキュリティ事前対策

提供チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

最新のクラウド・セキュリティ・レポートでは、パブリック・クラウド活用は急増している反面、パブリック・クラウド採用の障壁としてセキュリティに関する課題が上位を占めています。本セッションでは、レポートで浮彫りとなった課題の解説と、クラウド利用における責任共有モデルを確実かつ高いレベルで実現するための具体的なソリューションとして、可視化、コンプライアンス対応による人的ミスの是正を支援する「CloudGurad Dome9」およびクラウド特有の動的、俊敏性に対応する脅威対策「CloudGurad IaaS」をご紹介します。

  • 標的型攻撃対策
  • 情報漏洩対策
  • クラウドセキュリティ

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(株)

セキュリティ・エバンジェリスト

卯城 大士

一覧へ戻る