73A-02

10.11(Fri) 09:35-10:15

×

残席僅か

それでもすり抜けてくる不審メールはどうしますか?
~最後は人”で”守る究極のメールセキュリティ~

提供コフェンス合同会社

メールゲートウェイなどセキュリティ対策を講じていても、BECなど不審メール・悪意のあるメールが受信ボックスに届けられる数は確実に増えてきています。
この対応として、情報処理推進機構(IPA)でも”不審と感じた場合に社内に情報共有する事が重要”と警鐘を鳴らしています。
実際報告される不審メールの約10%が悪意のあるメールと判断されています(弊社調べ)。

本セッションでは訓練された人(従業員)を活用し受信ボックスに届けられる不審メールをいかに早く社内で報告・共有し、大量に報告される報告メールをどのように優先順位付けをし対処するか、あるいはプロアクティブに危険なメールを除去するかについてのソリューションをご紹介致します。

  • 標的型攻撃対策
  • メールセキュリティ
  • ビジネスメール詐欺(BEC)対策

コフェンス(同)

セールスエンジニアリング本部 セールスエンジニア

藤田 平

一覧へ戻る