KA2-06

04.14(Tue) 15:30-16:10

基調講演

×

日本へのサイバー攻撃:攻撃者グループが日本をサイバー攻撃の標的とする理由

提供クラウドストライク株式会社

世界第3位の経済大国である日本は、グローバルにおいて商業的にも文化的にも大きな影響力を持っています。特にアジア太平洋地域においてはその傾向が大きいと言えます。 この存在感は、サイバーの世界において日本政府、企業、研究者を標的とし、混乱させ、害を与えようとしている国家主導の攻撃者グループ、eCrimeと呼ばれるサイバー犯罪者、ハクティビストといった脅威アクターにとって魅力的なターゲットとなります。 このセッションでは、現在の日本を取り巻くサイバー脅威の状況、特定の国を標的とするために準備された攻撃、重視すべきグローバルの脅威活動の傾向に触れ、脅威インテリジェンスを総合的に活用して敵の一歩先を行く方法について紹介します。

  • Security

クラウドストライク (株)

Director, Threat Intelligence APJ

スコット・ジャーカフ

一覧へ戻る