KB1-08

04.14(Wed) 16:30-17:10 RoomKB

基調講演

新機能「Bluetooth Direction Finding」による位置情報活用サービスの事業価値向上の促進: AoA及びAoDテクノロジーの概要(仮)

2019年、Bluetooth Special Interest Group(略称「Bluetooth SIG」;BluetoothRの規格策定とBluetooth技術及び商標のライセンスを監督する業界団体)は、Bluetoothコア仕様のバージョン5.1の一部として、「方向探知機能」を発表しました。 BluetoothビーコンのRSSIを用いて近接位置を推定する従来の測位技術は、当該「角度推定」機能が加わることで、一段上のレベルに引き上げられます。 AoA(到着角度)およびAoD(出発角度)方式により、BLE(Bluetooth Low Energy)無線信号の角度方向が測定され、最小10 cmまでの精度とほんの一瞬の遅延時間により、位置を計算する事ができます。AoA方式は、資産のトラッキング等に有効な「ネットワーク中心」のシステムアーキテクチャに適合する一方、AoDは「モバイル中心」/「消費者中心」のユースケースに最適です。 本講演では、AoA/AoD両方式の主要機能を、スマートビル、ホームオートメーション、アクセス制御、健康経営、経路探索他の位置情報活用サービスに焦点を当て、実際の実装事例もご紹介します。
Speaker

Quuppa Oy

最高顧客責任者、共同創業者

Fabio Belloni

タイムテーブルに戻る