KA2-02

06.16(木) 10:30-11:10 RoomKA

  • 同時通訳

オープン ネットワーキングとエッジの現状

登壇協力:The Linux Foundation

★当日のライブ配信はありません。会場にてご視聴ください。

 

サイバーセキュリティ攻撃が増加し続け、クラウドネイティブ、エッジ、オープンRAN、5G、6Gなどの進化するテクノロジーが主流になるにつれて、オープンソース コミュニティがコードを安全に保つためのコラボレーション戦略を採用することは、これまで以上に重要になっています。このプレゼンテーションでは、ネットワーキング、エッジ、IoT、およびThe Linux Foundationのゼネラル マネージャーであるArpit Joshipuraが、セキュリティ、再集約、および業界の今後に焦点を当てて、オープンソース ネットワーキングとエッジの現状について説明します。さまざまな財団や標準化団体がコラボレーション活動に参加し、一連の "open everything(すべてをオープンに)"イノベーションに目を向けている中で、「コラボレーション」が5Gなどの分野のオープンで安全な再集約(大企業や政府機関による採用など)をどのように可能にしているかを学んでください。
  • クラウド
  • エッジコンピューティング / MEC
Speaker

The Linux Foundation

GM of Networking and Orchestration

Arpit Joshipura

タイムテーブルに戻る