C1-08

06.12(水) 17:00-17:40 展示会場内RoomC

展示会場内セミナー

Worldskills(技能五輪国際大会)の概要とITテクノロジの関わり
~クラウドコンピューティング職種について~

技能五輪国際大会(WorldSkills Competition)は、1950年にスペインの職業青年団が提唱し隣国ポルトガルとの間で12人の選手が技能を競ったことから始まった大会です。国・地域を代表する若手エンジニアがものづくりの技能を競う2年に1度の大会は、2024年9月にフランス・リヨン大会で第47回を迎えます。実施競技は、産業界の発展に合わせ変化しており、近年はデジタル技能を競う職種が増加しています。そのため、日本国内でも国際大会の大舞台で活躍できるデジタルエンジニアの育成が必要です。本講演では、技能五輪国際大会とクラウドコンピューティング職種についてご紹介します。
Speaker

中央職業能力開発協会

技能振興部
次長

須藤 祥

Speaker

職業能力開発総合大学校 (Worldskills クラウドコンピューティング職種 エキスパート)

情報通信ユニット/ラーニング・ファクトリーユニット・准教授

遠藤 雅樹

Speaker

クラスメソッド(株) (Worldskills2022SE 日本代表選手)

AWS事業本部モダンアプリケーションコンサルティング部
ソリューションアーキテクト

門別 優多

タイムテーブルに戻る