G2-02

06.13(木) 11:25-12:45 展示会場内RoomG

展示会場内セミナー

満席

生成AIが引き起こすメディアの悲鳴、広告の危機

※本セッションの終了時刻は12:45となります

 

SNS上の詐欺広告が社会問題化していますが、ネット広告の世界ではさらに複雑で多様な問題が湧き起こっています。何者かが作ったMFAサイトが日本でも広告収入を荒稼ぎし始め、新聞雑誌のデジタル版の広告売上に影響を及ぼしているようです。そのためか、真っ当なはずのメディアの広告表示も過剰になってきました。海外ではもっと悪意ある動きが次々に勃興し、日本にも時間差でやってきかねません。それらの根源にはどうやら安易なコンテンツを大量に生み出せる生成AIの存在があるようです。このセッションでは登壇者にこうした現象を解説してもらいながら、対策はあるのか、社会はどう対処すればいいかを議論します。
  • Internet x Media Summit
Panelist

(一社)デジタル広告品質認証機構(JICDAQ)

事務局長

小出 誠

Panelist

桜美林大学

教授

平 和博

Panelist

Spider Labs

VP of Product、Service Operations

増田 潤

Moderator

(株)OSzero

メディアコンサルタント

境 治

タイムテーブルに戻る