C1-03

06.12(Wed) 13:00-13:40RoomC

展示会場内セミナー

FEC対応の電気的および光学的ストレステスト

提供 キーサイト・テクノロジー株式会社

高速イーサネット規格に必要な50G PAM4信号には、前方誤り訂正(FEC)が必要です。ただし、FECでは、PRBSテストから発生する生のBERが必ずしもFECのパフォーマンスと相関するとは限りません。本セミナーでは、FECの存在下でストレステストを行う必要性を説明いたします。

Speaker

Keysight Technologies, Inc.

Vice President, Strategic Programs, Ixia Solutions Group

Thananya Baldwin

タイムテーブルに戻る