KA3-06

06.14(Fri) 14:20-15:00国際会議場コンベンションホールA

基調講演

クラウドネイティブ時代におけるネットワークが果たすべき役割

提供 ヴイエムウェア株式会社

近年アプリケーションはクラウドネイティブ化が急速に進んでおり、マイクロサービスアーキテクチャで構成されることが一般的となってきています。それに伴い、ネットワークも果たすべき役割が変化をしてきており、接続性だけではなく、セキュリティ、ポリシー、可視化、運用性など、ネットワークに対する要求はますます高度化してきています。
本セッションでは VMware の仮想ネットワークソフトウェアである NSX によって作り出される Virtual Cloud Network と、そこで実現される高度なセキュリティ機能(Service-Defined Firewall)、SD-WAN との連携、コンテナ対応、そして、マイクロサービス環境では必須となってくるサービスメッシュ機能など、クラウドネイティブ時代におけるネットワークのあるべき姿を提示します。

Speaker

ヴイエムウェア(株)

最高技術責任者 北アジア担当

進藤 資訓

タイムテーブルに戻る