H2-08

06.13(Thu) 16:55-17:35RoomH

専門セミナー

スーパーマーケットの位置情報マーケティング最前線

本セッションではスーパーマーケットでの顧客の購買行動を分析する実証実験について報告する。実験では、スマートフォンのセンサーを用いる屋内測位技術および機械学習による行動認識の双方を適用して、大量のデータを収集した。実験は2回に分け、センサーデータ以外に購買行動の正解データをビデオ撮影して、逐一ラベリングするフェーズ1と、その作成された識別器を用いて店内行動を広範に分析するためのデータ収集のフェーズ2を経て実施した。すべての店内行動軌跡、その時々の行動すべてがラベルづけられて出力されたものに対し、スーパーマーケット事業者の要望に合せた形で時間的および空間的な統計分析を行った結果について報告する。

Speaker

立命館大学

情報理工学部 教授

西尾 信彦

Speaker

ヤフー(株)

Yahoo! JAPAN研究所 上席研究員

坪内 孝太

タイムテーブルに戻る